医療機関で働きたい私が取るべき資格

資格が履歴書の上に非常に重要視される時代になりました。
特別意識していたわけではありませんが、子供の頃から資格取得を目指して勉強をしていました。

最初に挑戦したのは漢字検定でした。



このごろはこちらの基礎の課題に励んでいます。

どこに行ってもこちらのことばかり考えてしまうことはありませんか?小学生の時に2級に挑戦したので、大変難しかったです。

1級は普段使わない漢字ばかりで、社会で困らないためには準1級を取得すれば充分だということがわかり、準1級の資格取得を目指して2年勉強しました。

さらに身近になった経営視点での研修のお役立ち情報を公開しています。

問題集を買ってきてひたすら解くという単純な勉強法でしたが、この時の勉強でその後漢字に困ることはありませんでした。

次に取得したのは英語検定の資格です。

高校受験の時に、推薦入試を受けようとしていた私は、担任の先生から少しでも資格を多く持っていた方が良いと言われ、英語力をつけるためにも受験したのでした。
勉強法は、漢字検定のときの勉強法に加えて、ラジオの英会話講座を毎日聞いて発音の練習をしました。

テレビの英会話講座も時間があれば見るようにしました。

結局2級の英語検定資格を取得しましたが、その時の経験が後の留学生活に役立ったように思います。

高校卒業後フランスに音楽留学をしました。もともと語学が得意なわけではなかったので、フランス語習得には大変苦労しました。



参考書自体が少ない上に、フランス語を習っている人も少なく、フランスに行ってからはテレビやラジオのフランス語講座を受講することもできないので困りました。

javaの学校の特徴をご紹介するサイトです。

加えて、それまで文科省認定だったフランス語検定の資格が、民間資格になってしまい、急遽計画を変えフランスで世界共通のフランス語検定を受けました。
それはとても難しくいまだに合格できないままでいます。



これから取得したいものは、まずフランス語検定1級。それから英語ができることを証明したいので、英語の検定です。

それから私は高校時代から心理学に興味を持っており、医療機関で働きたいという希望もあるので、医療事務や心理士の資格も将来的には取得したいと考えています。

http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I051328419-00
http://www.fsk-net.or.jp/
http://www.ikemi-gakuen.ac.jp/